嘆願書の書き方と雛形、サンプル

嘆願書の書き方、雛形(テンプレート)、例文やサンプルの分かりやすいサイトを集めてみました。嘆願書の書き方や例文、具体例をお探しの方におすすめの情報があります。

運転過失についての嘆願書の注意点

今回は、自転車や自動車など交通事故についての嘆願書に関する注意点についてまとめました。

まずは示談を成立させる事が前提

交通事故で嘆願書といえば、被害者が加害者を許した証拠として嘆願書を書いてもらうというケースになりますので、示談が成立していなくてはいけません。
もちろん、嘆願書を書くのは被害者であってそれ以外の人間ではありませんし、第三者が書いた嘆願書は効力がありません。

嘆願書の効果

被害者の感情は判決材料として重要とされており、嘆願書があれば執行猶予の可能性が大きくなります。
という事で、必ず示談が成立した時に必ず嘆願書を書いてもらう必要があります。
示談金を支払う際に嘆願書を書いてもらうのが良いそうです。
このタイミングであれば、けがの状態にもよりますが、被害者の方の心情としても書いてもらいやすいでしょう。
しかし、この時に嘆願書をもらうのを忘れて示談金を支払った後に嘆願書をお願いしても書いてもらえないケースもあるそうです。
嘆願書をもらうのを忘れてしまって示談が成立していたのに実刑判決を受けてしまったという事例が実際にあったようです。

嘆願書の書式

書式については簡単なもので良いので、こちらで用意して紙にプリントアウトして名前と住所、日付だけ書いてもらうような形にしたほうが書いてもらいやすいと思います。
運転過失に対する嘆願書の例が載っているサイトをご紹介しますので、参考にしてください。

自動車運転過失傷害罪についての嘆願書
嘆願書のサンプル

今回は、運転過失に関する嘆願書について注意点と効果、書式について書いてみました。
運転に限らず事故に関する嘆願書の場合は、被害者自身に嘆願書を書いてもらうというのが重要であるという事になります。

カテゴリ: [嘆願書] [書き方]