嘆願書の書き方と雛形、サンプル

嘆願書の書き方、雛形(テンプレート)、例文やサンプルの分かりやすいサイトを集めてみました。嘆願書の書き方や例文、具体例をお探しの方におすすめの情報があります。

運転過失についての嘆願書の注意点

今回は、自転車や自動車など交通事故についての嘆願書に関する注意点についてまとめました。

まずは示談を成立させる事が前提

交通事故で嘆願書といえば、被害者が加害者を許した証拠として嘆願書を書いてもらうというケースになりますので、示談が成立していなくてはいけません。
もちろん、嘆願書を書くのは被害者であってそれ以外の人間ではありませんし、第三者が書いた嘆願書は効力がありません。

嘆願書の効果

被害者の感情は判決材料として重要とされており、嘆願書があれば執行猶予の可能性が大きくなります。
という事で、必ず示談が成立した時に必ず嘆願書を書いてもらう必要があります。
示談金を支払う際に嘆願書を書いてもらうのが良いそうです。
このタイミングであれば、けがの状態にもよりますが、被害者の方の心情としても書いてもらいやすいでしょう。
しかし、この時に嘆願書をもらうのを忘れて示談金を支払った後に嘆願書をお願いしても書いてもらえないケースもあるそうです。
嘆願書をもらうのを忘れてしまって示談が成立していたのに実刑判決を受けてしまったという事例が実際にあったようです。

嘆願書の書式

書式については簡単なもので良いので、こちらで用意して紙にプリントアウトして名前と住所、日付だけ書いてもらうような形にしたほうが書いてもらいやすいと思います。
運転過失に対する嘆願書の例が載っているサイトをご紹介しますので、参考にしてください。

自動車運転過失傷害罪についての嘆願書
嘆願書のサンプル

今回は、運転過失に関する嘆願書について注意点と効果、書式について書いてみました。
運転に限らず事故に関する嘆願書の場合は、被害者自身に嘆願書を書いてもらうというのが重要であるという事になります。

カテゴリ: [嘆願書] [書き方]

嘆願書の書き方のコツと見本

嘆願書の書き方のコツについて書きたいと思います。
嘆願書は、相手に対するお願いを文字で伝えるためのもので、最低限の書式を満たせば、基本的には問題ありません。

具体的な嘆願書の書式ですが、
・タイトル(お願いしたい内容について簡潔に分かりやすく)
・日付 (XXXX年XX月XX日)
・宛名 (~殿などていねいに)
・嘆願の理由と内容 (こういう事で困っているので、こうしてくださいなど)
・自分の氏名、住所

実際に例を見たい人のために、いくつか良さそうなページを紹介します。

嘆願書 例文

何かの事件に対して刑罰を軽くしてもらいたい場合の例や、市などの行政に対してのお願いの例が載っています。
http://www.reibun.jp/250/
見て頂くと分かりますが、ものすごくシンプルで短いです。
でも、これでも立派に嘆願書の書き方として正しいのです。

嘆願書の書式

課外クラブ活動の充実をお願いする例です。
こういう事でも嘆願書を使えるんですね。
http://blog.livedoor.jp/bobbob1231/archives/54480268.html

カテゴリ: [例文] [嘆願書] [書き方]

嘆願書の書き方と抑えるべきポイント

嘆願書の書き方について入る前に、嘆願書とはそもそも何かについて簡単に説明します。

一般的に嘆願書というと、会社や行政に対して要望を出す場合、刑事事件などで被告の減刑を希望する場合に出すシチュエーションが思い浮かびます。
または市区町村の行政などに環境などの改善をお願いする場合もあります。
でも、そうした機会は一般的には多いものではありませんよね。

そのため、いざ嘆願書を書かなくてはいけなくなった時に、嘆願書の書き方が分からなくてどうしたらいいんだろう?と困ってしまいます。
そんな時は、実際に嘆願書の具体例を見るのが一番です。
そこで、嘆願書の書き方が載っているサイトを紹介したいと思います。

嘆願書の書き方
http://sarakin.nagesen.net/kangan/

嘆願書の意味と書き方について簡潔な説明がされているページです。
具体例は載っていませんが、抑えるべきポイントが分かりやすくまとまっています。

カテゴリ: [嘆願書] [書き方]

嘆願書の書き方を覚えた後は、提出先を抑える(市役所編)

ここでは、市長宛てに施設などの環境改善をお願いする場合を想定した嘆願書の送付先について説明します。
嘆願書の書き方を覚えても実際にどこにどのように提出したらいいのか知らないと意味がありませんよね?
市役所などに提出する場合は、嘆願書ではなく陳情書という扱いになります。
(いろいろ調べたのですが、市役所などでは嘆願書という名称は使っていないようです)

似たものに請願書もありますが、こちらは議員の紹介が必要です。
陳情書の場合は、住民であればだれでも提出できますので、嘆願書の書き方を調べている方のほとんどはこちらに当てはまるでしょう。
具体的な提出方法ですが、郵送で書類を送る事になります。

各市役所のホームページで嘆願書/請願書/陳情書の扱いについて説明しているページがあるはずです。
ほとんどの場合、議長あてに送ってくださいというような説明があります。
○○市○○議会事務局宛て~といった感じで住所などが記載されていると思います。
親切な市役所の場合は、PDFで書式をダウンロードできる場合があります。

宮崎県 えびの市役所の例

各書類の違いが分かりやすく説明されていますし、提出方法も書いてあります。
請願書・陳情書 - 宮崎県 えびの市役所

カテゴリ: [嘆願書] [書き方]

嘆願書の書き方と効力

嘆願書の書き方の前に嘆願書にはどんな意味、効力があるのかを知っておきましょう。ここでは具体的な状況を例にして、予想される効果などを簡単に説明します。

嘆願書の効果について

例えば、交通事故やなんらかの事件で自分が加害者になってしまった場合に、被害者の方に、裁判官に寛大な処置を求める内容の嘆願書を書いてもらう事で、裁判で有利になるなどの効果があります。
被害者の方に嘆願書を書いてもらわないといけないので、事前に示談を成立させて被害者の方と良好な関係になっていないといけませんが・・・

事件でない場合は、市などの行政へ環境の改善のお願いをする場合に嘆願書を書く事があります。例えば、近所にパチンコ店が出来てしまうようだけど、街の景観を損なうので別の場所に移転してほしいなど。
あるいは、公園の遊具が古くなっていて危ないので、交換してほしいなどが例として思いつきます。こういう場合でも嘆願書を書いて提出すれば、必ずというわけではありませんが検討してもらえる場合があります。

結論

嘆願書は、あくまでもお願いするという程度の物なので、やらないよりはやったほうが得という感じですね。
嘆願書を書いて提出したからといって、必ず希望が叶うものではありませんので、期待し過ぎないほうが良いのかなと個人的に考えています。

カテゴリ: [嘆願書] [書き方]